FC2カウンター KONATSU’S LIFE RECIPE 日本の学校事情

--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2006.03.25 23:52

昨日は、日本への体験入学が決定したことを記事に書いたけど、問題が新たに発生予想はしてたけど。

Kopanたちと同じ小学校へお子さんを通わせている、友人宅へ電話をして、最近の登校班の様子を聞いた昨年は悲しくて怖い事件が同じ県内で起きて、ボランティアによるパトロール隊が結成され、登下校時に子供を監視してくれるらしいが、一人に一人つくわけではないので、その友人のお子さんの場合、途中から一人で下校しなくてはならず、結局、途中まで毎日、迎えに行っているそうだ。田舎なので、どうしても途中から一人で下校しなくはならない距離がある。少子化の影響もここに出ている。
他の友人は、仕事をしたいけど、毎日迎えに行かなくてはならないから、時間的に無理と言っていた。うちの小学校は放課後、学校で子供を預かってくれる、学童保育もないから、働くお母さんにとっては厳しい現状だ

アメリカはその点、ラクだと思う。登下校はほとんどがスクールバスを使用バスだから安全とは限らないけど、歩きで一人帰らせるよりは安全だと思う。Kopanたちの学校は、学童保育もあるし、親の仕事の都合で朝食が食べられない子には、朝食を提供してくれて、働く親には有り難い。

そう言えば、学校の中もセキュリティがちゃんとしてて、外から入れるところは一箇所だけだし、教室に入るにも、事務所の前を通らなくてはならないし、勝手に出入りできない。たとえボランティアでも、事務所でサインをしてバッジをつけて教室に入る事になっている。もちろん帰るときもサインしてバッジを返してから帰る。
遅刻や早退時もチェックは厳しい。早退する時は、勝手に子供を迎えに行けない。事務所で子供を呼んでもらって、子供の名前、早退の理由、早退時間、サインを記入しないと帰れない。以前、その記入をしないでNancyを早退させたら、学校から電話があって、ちゃんとNancyと帰った確認されたことがある
欠席のときもそうだ。以前、友人に欠席の連絡をしてもらった所、学校から電話があって、本当に子供が欠席して家にいるのかと確認の電話があった。
Kopanの小学校を思い出すと、職員室が2Fにあるし、門も鍵がかかってるわけではないし、あれでどうやって不審者のチェックができるのだろうかと疑問に思う。あの事件以来改善されている事を願う

私達が小学校時代とは違って、世の中は変わってしまい、学校帰りに四つ葉のクローバーを探したり、セリ摘みをしたりの道草は今の子供には出来ないのかと思うと残念
Kopanたちが体験入学した際には、私も多い時で一日二回、途中まで迎えに行くことになるだろう。普段歩かないので、歩けるか心配だけど、いい運動になるかも
いつかは、昔のように、子供達が安全に登下校できて、道草もできる平和な世の中になることを願う
スポンサーサイト

| Life | コメント(2) | トラックバック(0) | |

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。