FC2カウンター KONATSU’S LIFE RECIPE 医学英語

--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2006.03.11 21:28

昨日の夕方から、Nancyが熱っぽくて薬を飲ませたら下がったけど、今朝測ったら38℃ぐらいあったので、病院へ行く事にした。明日は日曜日だしね。かかりつけの小児科は土曜日やってるのでよかったこの小児科、いつもは日本人の看護婦さんがいて、とっても助かっている、が、土曜日はお休みこんな時にTsu~さんは土曜出勤またまた、崖っぷちに立たされた私でした。
先ずは、予約を入れなくてはならない。日本なら突発で行っても問題ないけど、アメリカは完全予約制。(救急病院は別だが)Tsu~さんの会社のアメ人に頼んで電話してもらった。これぐらいはやってもらわないと9:45に予約。

ドキドキしながらNancyを連れて行った。病院はあまり来た事がないし、医学用語も慣れてないんだよね。確か、Nancyが熱を出したのは、去年の今頃で、strep throat(喉頭炎)になって抗生物質を飲んだら、体中、発疹ができてひどい目にあった。それはペニシリン系の薬なのでそれ以来、Nancyはペニシリンアレルギーを持っていることが分かった。そんなことを思い出し、Nancyの名前が呼ばれた。
先ずは体重測定。ジャンバー着てるのにさ~着たまま、靴はいたまま測るのって…さすがはアメリカ、適当クサイしかもポンドで言われてもピ~ンとこないんだよね。体温も摂氏だし…面倒
診察室に入って、看護婦さんが一言。”What can we do ××× Today?”と言った。そこだけは聞き取れたんだけど、直訳すると、”何をすることができるか?”ってこと?しばらく、この can we do が耳に残ってて、黙ってると、”Sick?”って看護婦さんが言った。そこで、やっと”今日はどうしたの?”と聞いてたのね~と分かって、今までの病状を説明し、なんとかクリア~。家に帰って、この本で調べたら、”How can we help you today?”で”今日はどうしました?”と言うらしい。もしかしたら、こんな風に言ったのかもね。
次に、食欲は?とか下痢してる?とかの一般的な質問。それから、’Does she pee?”と言ったんだけど、この”Pee”と言うのを聞き逃してしまったpeeとは、お○っこのことで、Nancyは聞き取れたらしく”Yes”なんて言ってうなずいてるではないか~エライぞ!最後に、紙コップを渡されて、お○っこを取ってきてとのこと。この時はpeeではなく、urineを使ってた。
そしてドクター登場若い女医さんでした。Nancyの担当医はお休みだったみたい。病名もなんとかって言ったんだけど、聞き取れなくて、抗生物質を飲むように言われた。インフルエンザかどうか聞きたくて、”flu”って言ったんだけど、発音が悪かったらしく通じず、電子辞書で引いて先生に見せたら、やっと分かってくれた。Nancyの場合はインフルエンザではなくて、またここで病気の種類を言ったんだけど、イマイチ分からず、終わってしまった。後で、紙に書いてもらえば良かったと反省
それから、この抗生物質を飲むと、40ドル返金になるからと言っていた。それはどういう意味なのかと思ったら、なんと、薬屋に買いに言ったら、50ドルもしたのだマジ~?高いよね。保険がきくのだろうか?

家に帰って早速、薬を飲ませた。熱は下がるけど、薬の効き目がなくなるとまた熱が出る。月曜日まで熱が下がらなかったら、もう一度来るように言われてるので様子をみよう。医学英語…さっぱり分からなかった。難しい~医学英語に慣れてるのもそれはそれで怖いけど、子供の病気のことぐらいは少し勉強しないと、と反省した


Today's Good Job Nancyを病院へ連れて行ったこと早く良くなってね
スポンサーサイト

| English | コメント(4) | トラックバック(0) | |

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。