FC2カウンター KONATSU’S LIFE RECIPE 初!アメリカの病院へかかる

--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2006.05.06 07:08

腰痛が日に日にひどくなり、昨日と一昨日はおたなしく家にいたが、夕方になると、ズキズキ痛み出し、特に左足に痺れを感じ、立ったり座ったりができない状態朝はすっごく調子よくて、スタスタ歩けるから、治ったのかな?と、錯覚して病院に行くのも悩んでたんだけど、夕飯時以降になると痛み出してくる市販の痛み止めも効かないので、病院へ行く決心をした 今回は、勘&度胸の英語は通じないから、通訳さんにお願いしてもらいに予約してもらった。アメリカではホームドクターをつけなくてはいけないので、去年の春に、Tsu~さんとに言って、私達のホームドクターはDr.Kになった。今日は、そのDr.Kに診断してもらうことになっている。通訳さんもに来れるかどうか分からないとのこと。とっても不安 16:15に予約なので、Kopanたちの預け先を考えなくてはならない。日本だったら、ばあちゃんや、近所の友達など預け先はすぐ見つかるけど、ここはアメリカ友人宅も車で10分以内の家はあまりないし、学校が終わった後って、皆、何かと習い事や家庭教師がくるなど、忙しい様子。マブダチみやこちゃんに、お願いしたら、予定をキャンセルしてくれて、快く引き受けてくれた。みやこちゃん、感謝します 予約時間にに着くと、なんと通訳さんが来てくれました~良かった、ホッDr.Kが登場し、診察開始。このDr.Kは明るくておもしろい先生。英語は何て言ってるか聞き取りづらい。ドクターなのに、ポロシャツにジーンズ、左耳にはピアス。とってもドクターには見えないんだけど?Dr.Kが私に”前屈はできるかい?”と、恐ろしいことを聞いてきた。”え~っ?出来ません”って言うと、Dr.K、”日本語でも君の顔を見るとなんて言ってるか分かるよ。”だって。すごいイヤがってる顔してたんだろな。ハンマーを持ち出し、足を叩かれ、診察は終了。筋肉の炎症だと思うから、レントゲンは撮らずに薬を飲んで様子を見ようとのこと。それで治らないようだったら、カイロなどをやってみて、それでも良くならなかったら、レントゲンを撮りましょうとのこと。どこかにぶつけたとかではないので、レントゲンは撮る必要なしだって。日本だったら、すぐにレントゲン撮って高いお金払わなきゃならないところだけど。それから、家でじっと座ってTV見てないで(何で分かったの?)、なるべく動くように言われた。じっとしてると、筋肉が固まったままになって逆効果。先生曰く、”外で木を引っこ抜けまでとは言わないけど”。おもしろ過ぎ~とにかく、この先生、お話が好きみたいで、延々と話続けていた。早く帰りたいんだけど~薬の説明も2回同じこと言うし。おもしろいからいいけど。 薬のメモを書いてくれたんだけど、全然読めない。これを持って、薬局へ薬代、60ドルもとられました~高いね。痛さには変えられないけど。 IMG_2182.jpg
右側、筋肉を柔らかくする薬、ステロイド剤。1日目6個から始まり1個ずつ減らしていく。左側、痛みや痺れをとる薬。市販の薬よりちょっと強い。飲んだ後に眠くなるから、寝る前に飲むようにとのこと。副作用等心配もあるけど、とりあえず飲むしかない。治るといいな~今日は、通訳さん&みやこちゃんに助けてもらって、無事にに行く事ができました。ありがとうございます。困ってる時はお互い様って言うけど、今は、ただ感謝するのみです。それから、この場をお借りして、夕食を届けてくれた、ぷ~こさん&みかんさんに心から感謝します。また、心配していただいた皆様、ありがとうございます。人の温かさに触れた一週間でした。
スポンサーサイト

| Life | コメント(10) | トラックバック(0) | |

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。