FC2カウンター KONATSU’S LIFE RECIPE 2008年05月30日

--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2008.05.30 20:31

送別会1今週は毎日、送別会続き、食べ過ぎの毎日だった

月曜日:メモリアルディで祝日だったので、お友達ご夫婦とゴルフ
夕食は友人宅でピザをたらふく食べ、カクテルなど飲んじゃって、コップ半分も飲んでないのに、酔っ払ったゴルフも楽しく、一緒に食べたピザは運動の後で格別に美味しかった。ありがとう

火曜日:Kopanたちの現地校のママ友たちと、日本食レストランへ。お寿司と天ぷらのランチを注文。ラッキーなことに、パティシエさんがいて、スペシャルなデザートを注文できた。写真はそのデザート。抹茶ケーキ、柚子のケーキ、チョコレートケーキ、イチゴショート、杏仁豆腐と、日本人らしいキレイな飾りつけで、どれを食べても美味しかった一緒に行ったママ友たちが、ごちそうしてくれた。さんざんお世話になったのに、感謝するばかり。アメリカに来たばかりの頃、学校のことはもちろんのこと、色んなことを教えてもらい、本当にお世話になった。みんながいなかったら、今の自分はない。笑いが絶えず、言いたいことを言えて、気を遣わないメンバー。最後まで楽しかった。ありがとう

水曜日:午前中は健康診断。体重とコレステロールや中性脂肪が絶対に引っかかり、ホームドクターへ行くように言われそうな予感こんだけ食べてればねぇ~お昼頃終了し、その足で近くのイタリアンレストランへ。朝食抜きだったので、お腹ペコペコ~会社の奥様たちが社長の奥様と私の送別会を開いてくれた。インディアナ州からも、2人の奥様が遠いところ来て下さり、久しぶりに会えて楽しかった。会社の奥様同士のお付き合いって難しいって言うけど、うちの会社の奥様同士はとっても仲良し。ピザやパスタ、サラダを注文し、ここでもデザートの盛り合わせを食べて、お腹いっぱい家族一同、お世話になりました。ありがとうございました

木曜日:バイブルスタディのラストクラスで、みんなでブランチへ。私は大幅に遅刻してしまい、みんなとはゆっくり話が出来なくて残念先生とはお別れの挨拶。泣いてハグして、おでこにKissしてくれた。女の人にKissされたのって、初めての経験先生の愛情が伝わってきて、本当に悲しくなって、お別れの実感が増してしまった。バイブルスタディは2年間勉強したけど、いろんな意味ですごく反省したり、頑張ろうって思ったり、自分を見直す心地よい時間だった。クラスのみんなもいい人で、数々のパーティも楽しかった。先生とは3年半ほどのお付き合いだけど、出会えてよかった。ありがとうございました
その後、先日、お友達紹介のお世話をした、ダブルKちゃんとのランチへ。2人はとっても若くて可愛くて、いつも元気をもらい、癒される久しぶりだったので、楽しかった。2人ともとっても素直で真面目で可愛らしい少女って感じで、最後に写真を2人ずつ撮ったけど、私との2ショットより、2人の2ショットのが絵になる~2人にはこれから、色んなことにトライして楽しんでもらいたい。ありがとう

送別会2金曜日:メンツメンバーの送別会。メンバーの中で、私が本帰国でもう一人の友人が他州へお引越しなので、送別会を開いてくれた。お決まりのポットラックだったので、何を作るか考えた結果、生チョコケーキと栗まんじゅうにした。生チョコケーキは久々に作った。濃厚な味でしっとり仕上がり、前回よりも成功したと思う栗まんじゅうは、初めて作ったけど、焼きすぎたのか?生地が固くて失敗。でも、持っていっちゃったこのメンツメンバーの送別会は、しんみりするどころか、本当に送別会??って思うほど、楽しくて大笑い。いつものように、みんなバタバタと帰ったし。まあ、これが最後じゃないしね。来月はメンバーそれぞれ得意な楽器の演奏会(私はビデオ撮影係り)があるから、楽しみだありがとう

と、毎日、食べ過ぎてしまったけど、貴重な時間を共有してくれてみんなに、感謝、感謝

明日はいよいよ、私の妹が日本からやって来る。日本からは最初で最後のお客さま。この夏、一時帰国したときに義母と叔母をアメリカに連れてくる予定だったけど、急に本帰国が決まり、予定変更。妹も9月頃来ようかなぁ~って予定してたけど、それを早めてくれて、明日から2週間ほど滞在。私には妹が2人いて、今回来るのは一番下の5歳下の妹。初めての一人旅、初めてのアメリカ。着くまでは心配。どうか無事に着きますように。


スポンサーサイト

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

| Life | コメント(4) | トラックバック(0) | |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。