FC2カウンター KONATSU’S LIFE RECIPE 2006年11月27日

--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2006.11.27 12:53

今日、やっとクリスマスツリーを出したアメリカで迎えるクリスマスも今年で3回目ツリーの飾りつけもやっと慣れた。でも、でも、AB型のTsu~さんと一緒にやると、ナンだのカンだの細かくてイヤになる~非常に耐え難い、苦痛な時間でした

去年まではサンタさんの存在を信じてたKopanとNancy今年はどうもKopanの様子がおかしい。サンタさんはいないと疑い始めた。しまいには、私達がを用意してるのではないか?と疑っている。9歳ぐらいになると信じなくなってしまうのか?お友達から情報を得たのか?本か何かで読んだのか?去年はちゃんと信じてたのに・・・去年の日記はこちら→サンタさんへの手紙

昨日も、クリスマスのは何がいいか聞いてみたら、Kopanのやつ、”PSPかi Pod ”などと高価な品物をねだったので、”そんな高いモノ、サンタさんは持ってこないよ”って言ったら、”ふ~ん、そうなんだ。何でママが分かるの?それは、サンタさんが決めるんでしょ!”って、ドキっとするようなことを言われ、動揺した私。”じゃあ、頼んでごらん、もしKopanの歳ではちょっと高い品物だってサンタさんが思ったら、持って来ないからね。もし持って来なくても文句言わないでよ”と、ちょっと脅してみる。やっぱり、私の態度をみてウスウス感じてるのか?ヤバイ、ヤバイ。

結局、昨日、大型スーパーを物色し、Artセット(絵の具やら色鉛筆、クレヨンなどなど色んなものつき)30ドルに決めたらしい。私としてみれば、ゲームをあげるより、こういった身になるものがいいので大賛成思わず、”キャンバスセット(50ドル)も頼んでみれば”と、付け加えてしまったこんなんだから、怪しまれるのかな~?プレゼントは、まだ決定ではないので安心はできない。ちなみにNancyはまだサンタさんを信じているけど、プレゼントは、まだ迷ってるらしい。

Kopanが小さい時に夜空に見た光も、”あの光はママが後ろから、光らせた”と、言ったり、”サンタさんがプレゼントを届けたときのピンポーンはママが押した”と、言ったり、昔のように純真な心を失いつつあるKopanに寂しさを感じる度80%と大人になったのかなって成長を喜ぶ度20%。一方Nancyは”サンタさんて子供いるの?サンタさんが死んじゃったら、プレゼントはもらえなくなるの?”って本気で心配したり、”こうちゃん、小さい時、サンタさんの光、見たでしょ。忘れちゃったの?”ってKopanにお説教し、まだまだ、かわいいいなって思う度100%。でも、どちらにもまだサンタさんを信じて欲しいなって気持ちが200%かな

スポンサーサイト

| Kids | コメント(24) | トラックバック(0) | |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。